現金がほしい人必見!現金化・換金講座

2016年8月 のエントリー

一時的にショッピング枠で換金するクレジットカードの現金化

2016年8月31日 - 9:25 | 投稿者 admin

銀行や消費者金融からお金を借りることができない人が最終的に利用するのがクレジットカードの現金化です。
クレジットカードにはショッピング枠がついていますが、これは商品の購入やサービスの代金等の決済の際に利用できる立て替えシステムです。クレジットカードの現金化では、このショッピング枠を使って換金することができます。
具体的には、現金化業者に申し込みをし、専用のサイトで指定された商品をカード決済にて購入します。すると、購入金額が各業者が定めて還元率に応じて換金され、キャッシュバックされる仕組みです。
ショッピング枠に空きがあれば誰でも利用できる、審査を受けなくてもいい、直ぐに現金を手に入れることができる、返済の必要がないということでお金が必要な時に一時的に利用する方が少なくありません。
還元率は70%?80%が平均となっていますが、中には還元率90%という業者もあります。還元率80%のケースで10万円の商品をカード決済した場合、手元に戻るお金は8万円になるでしょう。ただし、還元率に手数料をプラスして取る業者もいるので細かい概要は事前にチェックした上で、どこの現金化業者を利用するのか決めた方が安心です。
一時的にお金を得るにはクレジットカードの現金化は便利です。しかし、お得かと聞かれれば、損をする方が大きいと思った方がいいでしょう。
例えば還元率ですが、還元率80%のケースで10万円を利用すると手元に戻るお金は8万円になりますが、消費者金融から10万円を借りた場合の1年間の利息は単純計算で最大18000円になります。すると、ショッピング枠を換金して現金を得る方が2000円損をしていることになるのです。
利用金額が大きく還元率が低くなるほど、その差は広がるのでお得にお金をゲットできるわけではありません。
また、還元率からキャッシュバックをする現金化は貸金業者に分類されており、還元率は所謂利息に考えられています。すると平均的な還元率70%?80%は違法金利ということになり、過去には摘発された現金化業者もいました。
利用者が逮捕された例はありませんが、注意したいところです。
さて、利用者は逮捕されないとはいえ、クレジットカード会社のペナルティを受けるケースがあります。カード会社ではクレジットカードを利用して換金する使い方を禁止しています。それを破るとカード自体使えなくなってしまうので、できれば現金化は利用するべきではないと言えます。
交際クラブを探すならComplete Guide

カテゴリー 未分類 | コメント(0) »